クローゼット

【クローゼット】5つの湿気対策

暑くてジメジメする季節の到来…

扉を締め切ったクローゼットは
湿気も溜まりやすい場所です。

お気に入りの服を傷めてしまう前に
クローゼットの湿気対策を始めましょう。

私がしている5つの対策をご紹介しますね。

除湿剤を使う

吊るす用、引き出し用、置き型など種類も色々。
(ちなみに私は3種類とも使っています)


写真:左が新品、右が使用後

除湿剤は湿気を吸うと写真のように
白い粒がゼリー状に変化していくので
見た目で変化がわかります。

目では見えない湿気ですが、
除湿剤を使って初めて湿気がある事実に
気づく方もいると思います。

実は私もその一人なんです笑。

季節によって湿気を吸うスピードが違って
夏はあっという間にゼリー状に変化するんですよ。

やはり日本は湿度が高いですね。

ちなみに防虫剤と併用しています。

ドラッグストアなどで
除湿剤の取り扱いがあるので
一度チェックしてみて下さいね。

 

クリーニングのビニールカバーは外す


クリーニングから戻ってきた服には
このようにビニールカバーがついています。
このままクローゼットにしまうと
湿気がビニールの中にこもってしまい
変色やカビ発生の原因になりかねません。


防虫剤などのパッケージにも
クリーニングのビニールカバーは外して
と注意書きされていますね。

ほこりが気になる場合は
市販の衣類用カバーを使いましょう。

すぐにクローゼットにしまわない

すぐに洗濯しない服は
一時的に干して湿気を取りましょう。

汗など水分を含んだ服を
そのままクローゼットにしまうと
湿気に繋がってしまいます。

ついでに消臭剤スプレーをかけておくといいですよ。

服を詰め込み過ぎない

隙間がないほどぎゅうぎゅうに詰め込むと
風の通り道がなく湿気がこもりやすくなります。

ほんの数センチでもいいので
服と服の間に隙間を作りましょう。

そのためにはまず
服の整理が必要ですね。

本当にすべて着ている服かどうか
これを機に見直していきましょう。

風通しを良くする


普段クローゼットは閉めっぱなしなので
たまに扉を開放して換気をしてあげましょう。

近くに窓がない場合は
扇風機をあてて風を送るのもいいですよ。

クローゼットの換気をしたことがない方は
ぜひ試してみて下さいね。

 

ご紹介した5つの湿気対策をして
しまう時も取り出す時も気持ちいい
快適なクローゼットにしましょう!!